福島県グランドチャンピオン戦



福島県グランドチャンピオン戦(=福島県GC戦)は、平成14年度に発足した福島県GC戦実行委員会の主催で行われる大会です。
県内の9大タイトル戦(朝日アマ名人戦と、シニア名人や学生大会などの条件付き大会を除く)のチャンピオンで
その年度(1月〜12月)の福島県ナンバーワンを決めることを目的としています。(人数が奇数の場合は推薦枠あり)

棋戦名 日時・会場 参加数 優勝者 第2位 第3位 記録
第1回福島県GC戦 11月24日
郡山将棋センター
8名 笹木敬行五段
(4−0)
竹内俊弘五段
(3−1)
佐々木典夫四段
(2−2)
第2回福島県GC戦 12月7日
郡山将棋センター
6名 竹内俊弘五段
(4−1)
吉田俊哉五段
(3−2)
辺見寿満四段
(3−2)
第3回福島県GC戦 12月5日
郡山将棋センター
6名 竹内俊弘五段
(3−0)
辺見寿満四段
吉田俊哉五段
(2−1)
(該当なし)
第4回福島県GC戦 1月14〜15日
清稜山倶楽部
8名 竹内俊弘五段
(4−0)
増子雅俊四段
(3−1)
辺見寿満四段
(2−2)
第5回福島県GC戦 1月27〜28日
吉川屋
6名 辺見寿満四段
(5−0)
笹木敬行五段
(4−1)
木村秋善五段
(3−2)
第6回福島県GC戦 1月19〜20日
吉川屋
8名 佐野尚史五段
(3−1)
村越孝一五段
(3−1)
竹内俊弘五段
(3−1)
第7回福島県GC戦 1月17〜18日
吉川屋
6名 真木野芳紀三段
(4−1)
辺見寿満五段
佐野尚史五段
後藤 健四段
(3−2)
(該当なし)
第8回福島県GC戦 1月16〜17日
吉川屋
6名 佐野尚史五段
(4−1)
竹内俊弘五段
(4−1)
村越孝一五段
(3−2)
第9回福島県GC戦 1月15〜16日
吉川屋
6名 辺見寿満五段
(4−1)
佐野尚史五段
(4−1)
村越孝一六段
佐河晴久四段
斎藤八郎三段
(2−3)
10 第10回福島県GC戦 1月21〜22日
吉川屋
6名 辺見寿満五段
(4−1)
三浦雄一郎四段
(3−2)
浅倉真吾四段
(3−2
11 第11回福島県GC戦 1月26〜27日
吉川屋
6名 三浦雄一郎四段
(4−1)
浅倉真吾四段
(3−2)
堀内雄登三段
(2−3)
12 第12回福島県GC戦 1月18〜19日
吉川屋
6名 根来正浩五段
(4−1)
渡辺久記四段
(4−1)
吉田俊哉五段
(3−2)
13 第13回福島県GC戦 1月17〜18日
吉川屋
8名 小野内一八四段
(4−0)
根来正浩五段
(3−1)
堀井厚太郎四段
(2−2)
14 第14回福島県GC戦 1月30〜31日
吉川屋
6名 小野内一八四段
(5−0)
渡辺久記四段
(3−2)
吉田俊哉五段
(2−3)
15 第15回福島県GC戦 1月21〜22日
吉川屋
8名 渡辺久記五段
(4−0)
根来正浩五段
(3−1)
斎藤勇人四段格
(2−2)
16 第16回福島県GC戦 未定



福島県グランドチャンピオン戦大会開催要項  、


1.参加資格
  同一年度(1月〜12月)開催の読売新聞・福島民報社・福島民友新聞社・しんぶん赤旗等の各棋戦で優勝した者とする。
  該当する棋戦は、@新春選抜位戦、A支部名人戦、B県王将戦、C県アマ竜王戦、D県アマ名人戦
             E県最強者戦、F県アマ王座戦、G赤旗名人戦、H県アマ選手権戦 の9つ。
  ただし、朝日アマ名人戦の優勝者は含まない。
  ※なお、代表者数が奇数または参加者が6人を割った場合は、主催者推薦をおこなう。

2.開催時期
  開催は、年間スケジュールが終わる11月23日(朝日アマ名人戦県大会)以降とする。

3.大会規定
  「日本将棋連盟福島県支部連合会将棋規約」による。

4.大会方法
  1)大会は総平手戦のスイス式3〜5回戦で行う。
    初回の対戦は、年間の活躍度(ポイント)で決める。
    同ポイントの場合は、@優勝回数、A準優勝回数、B抽選の順で決める。
    ただし、原則として参加人数が6人の場合は総当りとする。
  2)持ち時間は30〜40分とし、それを使い切ったら1手40秒の秒読みとする。
    これは原則としてであり、大会の進行上持ち時間を減らすこともある。
  3)「千日手」になった場合は、指し直し局の持ち時間は残り時間とする。
    ただし、一方の残り時間が10分をきった場合は、10分をきった方を10分とし、その加算した時間分を相手にも与える。
    ※大会の進行上変更することもある。
  4)対局には最低1名の記録係をつける。
  5)成績(順位)は、@自分の勝数、Aソルコフ(対戦相手の勝数)BSB(勝った相手の勝数)C直撃D抽選の順で行う。
    総当りの場合は、@自分の勝数、A直撃、B抽選の順で行う。
  6)大会結果並びに棋譜については、当実行委員会に帰属するものとする。

5.その他
  1)年間活躍度(ポイント)の算出方法
    @上記9つの大会に、朝日アマ名人戦を加えた10棋戦ごとにポイントをつける。
    Aポイントは、優勝:8点、2位:4点、3位:2点、4位:1点とする。
     (朝日アマ名人戦は代表2名なので、優勝:4点、2位:2点という点数とする)
    Bこれを1年間で集計し、そのポイントの多い順を活躍度とする。
  2)主催者推薦の方法
    主催者推薦は、この活躍度(ポイント)と当実行委員会の意見を考慮して選定する。