第16回福島県グランドチャンピオン戦





◇平成29年度福島県個人ランキング

  このランキングは1年間の活躍度を数値化したものである。(平成29年11月29日現在・全棋戦終了)
  背景が、オレンジの選手はGC戦招待決定選手。(背景が、ピンクの選手はGC戦招待予定選手)

  ※所属支部は、平成28年度の支部会員名簿による。

No. 選手名 所属支部 選抜位 支部名人 県王将 アマ竜王 アマ名人 最強者 県王座 赤旗名人 選手権 朝日アマ 得点 順位
渡辺 久記 ふくしま - - - 21
菊池 達也 棋友会 - 19
小野内一八 相 双 - - - - 18
平泉 丈志 郡 山 - - - 15
坂井  徹 相 双 - - - 11
花井 秀隆 ふくしま - - - 10
野田 大輔 ふくしま - - 10
根来 正浩 郡 山 - - - - -
上遠野太一 いわき - -
10 濱口 敦也 白 河 - - - - - 10
11 小駒 正美 - - - - - - - 10
12  堀井厚太郎 - - - - - - - - 10
13 武蔵 正憲 将会 - - - - - 10
14 佐河 晴久 棋友会 - 14
15 蜩c 英俊 郡 山 - - - - - - 15
16  尾形 裕斗 - - - - - - - - 15
17 斎藤 勇人 王将会 - - - 15
18 木村 秋善 いわき - - 15
19 村越 孝一 郡 山 - - - - - 19
20 佐川 隆一 郡 山 - - - - - - 19
21 古川 雅也 郡 山 - - - - - - 19

所属支部の略語は次の通り。
いわき=いわき中央支部、棋友会=いわき棋友会支部、王将会=会津王将会支部、県庁=福島県庁支部、クラブ=福島将棋クラブ支部
明日葉=いわき明日葉支部、ふくしま=ふくしま支部、−=支部に属さない

(得点) 優勝:8点、第2位:4点、第3位:2点、第4位:1点 とする。(−:不参加、0:参加のみ)
(GC戦出場権) 1)福島民友新聞社棋戦で優勝した選手は、無条件で招待。
           2)上記を除く新聞棋戦での優勝者は、優先的に招待。
           3)出場選手数が奇数の場合、得点の高いほうから主催者推薦の候補とする。
             但し、補欠選手についてはこの限りではなく、点数化されない他の大会の成績も加味する。

 

◇支部別ポイントランキング (11月29日現在、全棋戦終了)

ランク 支部名 総得点 優勝回数 入賞者数
ふくしま支部 41
相双支部 29
郡山支部 28
いわき棋友会支部 22
いわき中央支部 10
会津王将会支部
白河支部
その他 10
(150点) (10回) (21名)





<2018吉川屋杯争奪第16回福島GC戦結果>



◇出場選手紹介
◆渡辺 久記 五段(ランキング1位)
  (5回目・福島市・47歳)


 昨年に続く2冠で、初のランキング1位。4年目で本来の実力を発揮した。運営などの裏方も積極的にこなし、2足のわらじがいい方に作用しているようだ。棋風は居飛車党で急戦調の将棋を好む。中でも矢倉が得意である。 
【抱負】
「このような素晴しい大会に参加できるだけで光栄です。一局一局楽しみたいと思います。」
◆菊池 達也 五段(ランキング2位)
  (2回目・いわき市・43歳)


 いわき市に来て3年目。福島の水にも慣れてその実力を遺憾なく発揮している。 棋風はオールラウンドということだが、最近はどちらかと言えば振り飛車で勝ちまくっている印象を受ける。受けが得意で長期戦を苦にしないスタミナがある。 
【抱負】
「この大会に出場することが目標だったので光栄です。強い人ばかりなのでしっかりついていき、楽しんでたしたいと思います」
◆小野内一八 五段(ランキング3位)
  (3回目・南相馬市・22歳)


 唯一県外でも通用する選手で、目下県下ナンバーワン的存在。今年は好調で一昨年に続く2冠を獲得した。参加回数は少ないが、驚異的な成績で勝ちまくっている。棋風はオールラウンドタイプで、どんな戦型も苦にせず指しこなす。
【抱負】
「優勝目指して頑張りたいです」
◆平泉 丈志 五段(ランキング4位)
  (初出場・郡山市・43歳)


 一昨年、岩手県から郡山市に転勤してきた。その前にいた宮城県での実績から常に優勝候補に挙がっていたが、2年目で念願の初優勝を飾った。棋風は居飛車党で、急戦から持久戦まで対応できる万能タイプで、粘り強い。
【抱負】
「2か月ぶりの対局のため、リハビリを兼ねて対局を楽しみたい。極力、昔の戦法を使いたい」
◆坂井 徹 四段(ランキング5位)
  (4回目・南相馬市・31歳)


 今年は優勝がなく、最終戦でポイントを稼いで滑り込みで出場を決めた。研究熱心さは県下一で、特に角換わりはかなり自信があるようだ。後輩の面倒見がよく誰からも好かれる好青年である。棋風は居飛車党で、角換わりや右四間飛車が得意。最近では振り飛車も指すようになった。
【抱負】
「格上の選手ばかりで厳しいですが、前回(2勝)以上を目標に頑張りたいと思います」
◆野田 大輔 初段(ランキング6位)
  (初出場・福島市・17歳)


 福島高校2年生で、小学生のころから学生棋戦大活躍してかなりの優勝回数を誇る。今年念願の一般棋戦初優勝を飾り出場が決まった。棋風は本格居飛車党で終盤を得意としている。特に、流行の戦型はかなり研究しているようだ。
【抱負】
「初参加なので楽しみながら指したいです。まずは1勝を目指します」
◆花井 秀隆 四段(ランキング6位)
  (2回目・白河市・26歳)


 昨年に続く優勝で連続出場を決めた。東北大学時代の研究が開花したと人づてに聞いた。今後の飛躍が期待される若手の一人である。棋風はオールラウンドタイプで、定跡形にない右玉のような力戦型を好む。
【抱負】
「前回(6位)を上回る」
◆根来正浩 五段(ランキング8位)
  (5回目・大和市・38歳)

 4月に神奈川県に転勤となったが、はるばるこの大会にやってきた。事前研究は坂井さん以上で、今回も十分に積んで臨んで来たようだ。棋風は、居飛車党で急戦調の将棋を好む。 
【抱負】
「このような名誉ある大会参加でき光栄です。将棋を楽しみたいです」
 



◇大会結果  

 開催日:平成30年1月20日〜21日
 大会会場:穴原温泉「吉川屋」9階貴賓室「蓬莱」(福島市)
 対戦方式:スイス式4回戦(持ち時間40分、秒読み40秒付き)
  (注1)番号はランキング順位とする。
  (注2)順位の決定は@勝数ASB(勝った相手の勝数)A直撃の順で、これで決まらない場合は同率とする。
 
No. 選手名 勝 敗 ソルコフ S B 順 位
県アマ名人・県朝日アマ
渡辺 久記 五段
(福島市・5年連続5回目)
1−3 第7位
坂井 野田 花井 平泉
県アマ王座・県アマ選手権者
菊池 達也 五段
(いわき市・2年連続2回目)
2−2 第4位
野田 坂井 根来 花井
県アマ竜王・県王将
小野内一八 五段
(南相馬市・2年ぶり3回目)
4−0 優 勝
花井 根来 坂井 野田
県アマ最強者
平泉 丈志 五段
(郡山市・初出場)
1−3 第8位
根来 花井 野田 渡辺
主催者推薦
坂井  徹 四段
(南相馬市・2年ぶり3回目)
3−1 準優勝
渡辺 菊池 小野内 根来
県赤旗名人
野田 大輔 初段
(福島市・初出場)
2−2 第5位
菊池 渡辺 平泉 小野内
新春選抜位
花井 秀隆 四段
(白河市・2年連続2回目)
1−3 第6位
小野内 平泉 渡辺 菊池
県支部名人
根来 正浩 五段
(郡山市・5年連続6回目)
2−2 10 第3位
平泉 小野内 菊池 坂井